HOME・TOP > ワキガで困ったこと! > 職場でワキガの人がいたら我慢する?伝えるべきなのか?

職場でワキガの人がいたら我慢すべきなのか?

 
職場でワキガの人がいたら?

職場ワキガの人がいた場合はどう対処すればいいのか?

仕事中にあのきつい匂いがすると臭くて仕事どころではありませんよね。

隣のデスクに座っている人は、本当につらいと思います。

やはり、ワキガであることを本人に伝えるべきなのか?

それとも、匂いのことなので、我慢すべきなのか?


どちらを選択しても辛いところでしょう。

そこで・ここでは・・・
本人にワキガであると伝えた方がいいのか?

ワキガの人がいるデメリットについて!

上司や同僚からワキガと伝えられたら?
これらについて解説していきたいと思いますので、同じような環境にある人はぜひ参考にしてみてください。


本人にワキガであると伝えた方がいいのか?


はじめに本人にワキガであることを伝えた方がいいのかどうか?

これは結論としては、伝えるべきです。

職場では、ワキガの匂いがすると言う事は、それだけでストレスになってしまうので、仕事どころではなくなってしまうでしょう。

ワキガと伝えられた本人は、もちろん、ショックを受けることは間違いありません。

しかし、これを機にワキガ対策をするでしょうし、匂いがなくなれば周りに迷惑がかからなくなりますからね。

ただ問題はどのようにして相手に伝えればいいかですが、いくつか例を挙げましたので参考にしてみてください。


基本的には上司に相談すること!


ワキガの匂いが気になる場合は、本人に直接言うのは抵抗があるものです。

本人に伝えれば、当然、ショックを受けることは間違いないので、ギクシャクしてしまうかもしれません。

そこで、お勧めするのは、上司に相談して、伝えてもらう方法です。もし、上司がワキガであるなら、その上の上司に相談するようにしましょう。


話をする場所を設けること!


本人にワキガの事実を伝えるなら、話しをする場所を設けることも大事です。

その際、1人で伝えるのではなく、2人で事実を話すようにして、今後は、ワキガ対策することを約束してもらいましょう。


遠まわしに言わない方がいい


ワキガである事実を伝える場合、何から話をすればいいか戸惑うこともあるでしょう。

中には、優しさから遠まわしに言う人もいますが、それでは何も伝わりません。

ですので、ワキガである事実をストレートに伝えることが大事です。


手紙で伝えた方がいい?


ワキガの事実を伝える場合、手紙を使う方法もあります。

手紙は、誰が書いた特定されないように手書きではなくワードなどで印刷するといいです。手紙の内容は、ワキガの事実を書き、対策してもらうようにお願いしてもらいましょう。最後に社員一同と書いておけばいいです。


ワキガの人がいるデメリットについて!


職場でワキガの人がいるとどうしてもデメリットが多くなってしまいます。

具体的には、以下のような事が挙げられます。


ワキガの匂いで仕事がはかどらなくなる


職場でワキガの人がいるとどうしても匂いが気なってしまい、仕事がはかどらなくなります。

そうなると仕事でミスが増えてしまう可能性もあるでしょうし、ミスが続けば、時間内に仕事が終わらなくなるかもしれません。


お客さんに迷惑がかかる


接客に携わる仕事では、お客さんに直接迷惑がかかってしまいます。商談がまとまらず、失敗に終わることも考えられます。

お客さんに嫌われてしまっては、仕事にならないのでワキガの人はデメリットが多くなります。


コミュニケーションが取れなくなる


ワキガの人と上手くコミュニケーションが取れず、場合によっては差別される可能性もあるでしょう。もちろん、差別はいけませんが、コミュニケーション不足で仕事がおろそかになってはいけません。


このように職場にワキガの人がいるとデメリットが多くなってしまうので、やはり本人には、事実を伝えるようにしてください。


上司や同僚からワキガと伝えられたら?


今度は、逆に上司や同僚からワキガと伝えられた場合について考えてみたいと思います。


ワキガの匂いって自分では気づかないもの?


実は、ワキガの匂いは、自分で気づかない人が多いのも事実です。

他人からすればあの独特の匂いがするのですが、本人は、匂いに慣れてしまっているんですね。

なので、はじめて自分がワキガと知った時にはショックは大きくなることは間違いありません。


ワキガの事実を受け入れなければいけない!


ワキガと伝えられたのであれば、事実はしっかりと受け止めなければいけません。

否定したい気持ちはわかりますが、それでは何も解決しません。

ですので、今後は、どのように対応していくかを考えるがあります。


ワキガ対策するなら?


ワキガ対策にも色々ありますが、手軽な方法としては、専用のクリームを使うことです。今では、効果的なクリームも売られていますので、それらを使うといいでしょう。

商品選びで悩んだならこちらを参考にしてみてください。

⇒ワキガ対策で効果があるクリームについて!


重度のワキガである場合は、手術を検討してもいいかもしれません。

その場合は、腕の良い執刀医がいる病院で手術を受けるようにしましょう。

いずれにせよ、ワキガと伝えられたら職場で迷惑をかけないためにもしっかりと対策するようにしてください。