HOME・TOP > 知識 > 子供のワキガは大丈夫なのか?

子供でもなるか?対策するには?

 
子供の画像

ワキガと言うとニオイに敏感な大人だけが悩んでいると言うイメージがありますが、子供でも同じような事で悩んでいたりしますので、年齢に関係がないと言う事です。

そこで、ここでは・・・

どうして子供がなってしまうのか?

その場合はどう対策すればいいのか?

脇のニオイで嫌われたりいじめに遭わないものか?


など、子供のワキガについて解説していますので、参考にしてみてください。


ホルモンバランスが関係している?


ワキガが出始める時期と言うのは、思春期に多いと言われています。

その理由ですが、これは、「ホルモンバランスの崩れ」に関係してくるからです。

思春期と言うのは、女性の場合は、女性ホルモンが増加しますし、男性なら、男性ホルモンが増加するんですね。

そして、男女とも男性ホルモンも急激に増加する時期でもあります。

脇のニオイの場合は、ホルモンの変化が大きいとされていて、特に男性ホルモンに関係しています。

もちろん、ワキガの原因はそれだけではありません。

他にも例えば・・・

体質

普段の食生活


これらが関係してくるでしょう。

特に肉中心の食生活では、体臭もきつくなるといわれていますよね。

また、体質的にもニオイがする体質の人もいれば、そうでない人もいる。

なので、ワキガの原因は、ホルモンのバランス変化だけではありません。

それでも成長期のホルモンバランスの乱れとワキガは密接な関係があるのも事実です。

成長期の過程のホルモンバランスの乱れが原因の場合には、その時期を過ぎれば、ワキガは改善するといいます。

そのような事から、子供の場合では、それ程、心配しなくても大丈夫ですが、ニオイを発していると、いじめに遭ったり、嫌われたりする可能性もありますので、制汗剤や消臭剤などを利用して対策することをお勧めします。

また、親が、あまりにも神経質にならないほうが良いと思います。

先ずは、ワキガ対策のデオドラントで様子を見るようにしてください。