HOME・TOP > 知識 > ワキガと遺伝の関係について!

遺伝の関係について!

 
ワキガについて解説している女性

ワキガになると周囲に迷惑をかけてしまいますので、早めに対策することが大事です。

それには、先ずは、原因を突き止めなければなりません。

もし、両親がこの症状がある場合、その子供は遺伝するのかどうか?

遺伝するとしたらその割合はどの程度なのか?

そして、ワキガ対策するには一体どうすればいいのか気になるところでしょう。

そこで、ここでは、遺伝との関係について解説していますので参考にしてみてください。


遺伝の確率について


ワキガの遺伝ですが、かなり高い確率で遺伝すると考えられています。

具体的には・・・

両親のどちらか片方の場合は、約50%

両親共になっている場合では、約80%


このぐらいの確率でワキガになると言われています。

ちなみに、人によっては、突然ワキガになったとか言う人もいるようですが、これは、遺伝によるものが高いと考えられていて、その時期は、個人差があります。


ワキガの遺伝は思春期にわかる?

遺伝により、子供がワキガになるのは時期としては、思春期が多いと言われています。

その理由ですが、アポクリン汗腺が成長する時期と関係があるためです。

また、ワキガは、ストレスでもなりやすく、思春期は、精神的にも不安定な時期でもあるので、その頃から症状が出る事があります。

それにニオイに慣れてしまい、自分では、なかなか気づきにくいところも厄介なところです。

両親がワキガ体質で気になると言う事もいるでしょう。

そんな場合は、自分で確認する方法もあります。

確認方法としては・・・

耳垢がべたべたと湿っていないかどうか?

衣類の脇の部分が黄色くなっていないかどうか?


これらをチェックすれば確認することはできます。

どうしても気になるようであれば、友人に直接聞いてみるのもいいでしょう。

その場合、気を利かして正直には答えてくれないこともあると思います。

そんな時には、家族に聞いてみましょう。

対策としては、薬や手術、その他にも方法はあるので、自分に合う方法を見つけるようにしてください。


あわせて読みたい記事
放置してはダメ!わきが対策はこの方法で解決!
原因を徹底解説!