HOME・TOP > 知識 > ワキガは食べ物で対策できるのか?

食べ物でワキガ対策するには?

 
肉の画像

食べ物を見直すことでワキガは対策できるものなのか?

ニオイに関する事なので、特に日本人の場合は、深く悩む方が多いです。

コミュニケーションが取りづらいと言われているので、しっかりとワキガ対策を行わないといけません。

改善や対策の方法にも色々あるのですが、今回は、食べ物について注目してみました。

どんな食べ物なら、ワキガ対策になるのか?

わきがと食べ物って、どんな関係があるのか?


こちらで解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


悪い食生活を改善することが重要


先ず、ワキガになる要素には、遺伝が考えられているのですが、実は、食べ物によっては、わきがになることがあります。

どんな物を食べるとわきがになるのかと言うと、主に欧米食です。

要するに、肉中心の食生活がわきがになるってことなんですね。

肉を多く食べてしまえば、動物性たんぱく質や動物性脂質をたくさん摂取することになります。

過剰に動物性たんぱく質や動物性脂質を摂取してしまえば、アポクリン腺の分泌が活発になりますので、その結果、ニオイが強くなり、わきが体質になりやすいと言う事です。

ですので、対策としては・・・

お肉の量や野菜などのバランスを考えること!

もし、お肉を食べるのであれば、その倍の量は野菜を食べるようにしましょう。

焼肉やステーキ、ハンバーガーなどの食べ物では、どうしても野菜不足になってしまうので、ワキガ対策のためにも意識して野菜を摂取してください。

また、お肉の代わりに魚を食べるようにするのもいいと思います。

このように書くとお肉が悪者と思われがちですが、肉を食べてはいけないのではなく、食べ過ぎに注意しましょうと言う事です。

中には、ほとんどお肉しか食べないような方もいますが、これではバランスが悪くなり、わきがも悪化しやすくなります。

出来る限り、バランスの良い食事を心かけてわきがを対策するようにしてください。

あわせて読みたい記事
ワキガを改善したい?一番効果がある対策は?
自分で予防するには?