HOME・TOP > 知識 > タバコやアルコールはワキガに悪い?

タバコがいけない理由は?

 
タバコの画像


なぜ、ワキガの人がタバコを吸ってはいけないのか?

ここでは、その理由について解説します。

これは単純な話、ニオイを悪化させてしまうからです。

タバコを吸われている方は、わからないかもしれませんが、あのニオイだけでも強烈で、服にニオイが付くとなかなか落ちないものです。

それがワキガの臭いと交じることで、強烈なニオイを発してしまいます。

また、タバコに含まれるニコチンを体に取り入れると、アポクリン腺を刺激させ、汗をかきやすくなったり、ニオイがきつくなったりするんですね。

ですので、ワキガを酷くしたいためにも、タバコは吸わない方がいいわけです。

また、タバコの臭いを誤魔化すためにガムなどを噛んで対策させる方もいますが、ワキガと口臭は、関係ないので意味がありません。

対策をするなら、まずは、タバコを止めるようにしてください。


アルコールがいけない理由は?


アルコールの画像

次にアルコールですが、これは、飲む量にもよります。

当然、過剰摂取することでお酒臭くなりますし、その臭いがワキガと混ざることで、より強力なニオイを発してしまいます。

また、アルコールはアポクリン腺を刺激させますので、タバコと同じでワキガを悪化させます。

それでも、アルコールは、タバコと違い、良いこともあります。

適量飲む分には、血行も促進され健康にもいいですし、ストレスの解消にも繋がります。

ちなみに、ワキガの原因にはストレスもありますので、少量のアルコールであれば、特に問題ありません。

要するに飲みすぎるのがいけないと言う事です。

飲みすぎてしまえば、ワキガの悪化だけでなく、肝臓に負担をかけたりするので、くれぐれも飲みすぎには気をつけてください。


具体的な対策について!


具体的な対策ですが、これはもう答えが出ていますよね。

1つは、禁煙をすること。

2つは、アルコールは少量で抑えること。


これができれば、ワキガを悪化させずに済みます。

特にタバコは、「百害あって一利なし」なんてことわざがあるぐらいです。

タバコの値段も上がる一方で下がることは決してありません。

禁煙すれば、その分のお金が浮くので、今すぐにでもタバコは止めるようにしましょう。

どうしても、止められないと言う人は、禁煙外来で治療することもできます。

ワキガ対策のためにも、お酒は少量で抑え、タバコは止めることを強くお勧めします。

あわせて読みたい記事!
ワキガの原因とは?
食べ物で対策するには?