HOME・TOP > 知識 > 産後のワキガについて!

産後のワキガで悩む女性が増えている?対策するには?

 
産後のワキガ対策

こちらでは、産後のワキガ対策について解説しています。

女性が妊娠、出産後にワキガのニオイで悩まされることがあるようです。

これまで、ニオイの事は、あまり気にならなかったけどワキガや体臭がするようになってしまった。

そんな女性が増えていると言います。

しかし・・・

産後はなんでワキガになってしまったのか?

一体、どのような対策をすればいいのか?



ニオイの事なので色々と気になりますよね。

そこで、ここでは・・・
妊娠・出産でニオイがきつくなる原因は?

産後のワキガはいつまで続くのか?

産後ワキガの対策について!

これらについて解説しています。

産後のワキガで悩む女性の方は、ぜひ参考にしてみてください。


妊娠・出産でニオイがきつくなる原因は?


産後ワキガの原因は?

なぜ、女性は、妊娠や出産するとワキガや体臭などの臭いがきつくなるのか?

これまで、ニオイは、特に気にならなかったのにニオイがするようなってショックと言う方もいるでしょう。

ただ、これにはちゃんとした理由があります。


ホルモンバランスの乱れがワキガの原因!


先ず、女性は、妊娠や産後をきっかけにホルモンバランスが乱れてしまいます。

また、生理から排卵日、排卵日から生理で女性ホルモンの「プロゲステロン」と「エストロゲン」の状態が違います。
生理から排卵日 = エストロゲンが優位になる

排卵日から生理 = プロゲステロンが優位になる

普段は、これを繰り返すのですが、産後は、母乳を出すためにエストロゲンが優位になります。

つまり、授乳中は、ホルモンバランスが乱れてしまい、それで産後ワキガになると考えられています。

ですので、授乳が終わると、ワキガも改善されることが多いですので、あまり心配しなくても大丈夫です。


元々ワキガ体質だった


人によっては、元々ワキガ体質だったと言う事も考えられます。

妊娠や産後をきっかけにニオイが強くなってしまうこともあるようです。

ワキガは、遺伝が大きく関係しています。

両親がワキガであるなら、遺伝している可能性が高いと思ってください。

ただ、産後ワキガの多くは、ホルモンバランスが乱れによるものなので、遺伝などの要因も重なってニオイがすることもあるかもしれません。


産後のワキガはいつまで続くのか?


産後ワキガはいつまで続く?

産後のワキガや体臭は、ホルモンバランスの変化が大きく関係しています。

そこで、気になるのが・・・

いつまでこの状態が続くのか?

ワキガが治らないこともあるのか?



ニオイに関することなので、これらは本人にとっても深刻な悩みと言えます。

実際は、ワキガが治る場合と治らない場合があります。


産後ワキガが治る場合は?


産後ワキガになる原因は、ホルモンバランスの乱れによるものです。

なので、ホルモンバランスが整っていけば、ワキガも治っていきます。

また、妊娠・出産で汗腺が一時的に活性化するとニオイがでるのですが、この場合も自然に治っていくでしょう。

ただ、いつまで続くのかは、その人によっても違いはありますが、授乳期が終える頃には、気にならなくなっていくと思ってください。

ですので、多くの場合は、自然に治っていくのでそんなに心配することはありません。


産後ワキガが治らない場合は?


残念ながら、産後ワキガが治らないケースもあります。

理由はいくつかありますが、

例えば・・・
・元々ワキガ体質で妊娠・出産を機に発症した場合

・食べ物の好みが大きく変わった場合

ワキガは遺伝する確率が高いですので、これまで大丈夫だった人でも、妊娠や出産後にホルモンバランスが大きく乱れ、ワキガを発症する場合もあります。

この場合は、ワキガは治らないので、自分で対策をしなければいけません。

また、産後は、食の好みが大きく変わるとも言いますので、人によっては、暴飲暴食に走る場合もあるでしょう。

お肉などの動物性たんぱく質や乳製品などの摂取が多くなるとワキガの原因であるアポクリン汗腺が刺激されるので気をつける必要があります。


あまりニオイを気にし過ぎない事が大事!


産後のワキガや体臭が一度気になってしまうと、どうしてもニオイのことが気になってしまいます。

必要以上にニオイを気にしてしまい、それがストレスになることもあるでしょう。

実は、ワキガの原因には、ストレスも関係していると言われています。

ですので、ストレスを溜めてしまうと、ニオイが悪化するかもしれませんし、赤ちゃんにも悪影響を与えてしまう可能性もあるので気をつけてください。


産後ワキガの対策について!


産後のワキガ対策は?

妊娠や出産後に気にるなるワキガですが、どのような対策をしていけばいいのか?

基本的には普通のワキガ対策を行えば大丈夫です。

具体的には・・・

清潔にすること!

食事の見直しを行う!

運動不足に気をつける!

睡眠不足やストレスに気をつける!


これらが大事です。


清潔にすること!


先ず、ワキガの原因は、アポクリン汗腺の汗ですので、汗をかく季節では、こまめに脇を拭くことも大切です。

また、服についている菌も繁殖してニオイがきつくなるので、何日も同じ服を着ないで、汗をかいたら洗濯するようにしましょう。

ニオイが軽度であれば、普段から清潔にすることでワキガが軽減します。


食事の見直しを行う!


産後を機に食生活が変わる人もいます。

暴飲暴食したり、野菜を食べないでお肉ばかり食べてしまと、それだけニオイもきつくなってしまいますので注意しなければいけません。

なので、バランスの良い食事を心がけて食べ過ぎに気をつけてください。


運動不足に気をつける!


普段から運動不足と言う人は、ウォーキングなどでいいので、かるく汗を流すような運動を行いましょう。

運動して、汗をかけば、デトックス効果が生まれて、ワキガ対策に繋がります。

ベビーカーで散歩をすれば、運動にもなりますし、赤ちゃんとのコミュニケーションもとれるのでお勧めです。


睡眠不足やストレスに気をつける!


産後のワキガが気になったり、赤ちゃんが夜泣きをすると睡眠不足になりやすいです。

睡眠不足になれば、ホルモンバランスも乱れ、ワキガや体臭のニオイが気になりますのでストレスも溜まってしまいます。

ストレスが溜まればワキガが悪化するので気をつけなければいけません。

ストレスを溜めないためにも、赤ちゃんの夜泣き対策を行い、睡眠不足を解消さましょう。


どうしてもワキガ気になる人は?


産後ワキガはクリーム対策する!

何を試しても産後のワキガが改善されない場合もあるでしょう。

そんな場合は、専用のデオドラントで対策してください。

今では、クリームや石鹸等、商品も色々と発売されています。

消臭力が高い物や殺菌力や制汗効果が高いものまで色々です。

これら使うことで、ニオイが抑えられたリ、軽減できるので、試してみる価値はあります。

また、ワキガが悪化していく場合は、皮膚科で相談するのもいいと思います。

医師のアドバイスも聞けますし、病院で処方されるクリームも効果がありますので、一度、受診してみてはいかがでしょうか?