HOME・TOP > 知識 > プロテインの摂り過ぎに注意しよう!

プロテインでワキガや体臭がきつくなるのか?

 
プロテインの画像

筋肉をつけることを目的として、日頃からプロテインをよく摂取する方もいると思います。

でも、ご存じだったでしょうか?

プロテインを摂取するとワキガや体臭がきつくなるということを!

なぜ、プロテインを摂取するとニオイが悪化するのか?

その理由ですが、アポクリン腺から分泌させる汗がワキガの原因になるのですが、アポクリン腺は、脇だけでなく、耳や乳首、陰部などに存在します。

そして、アポクリン腺からは、脂質やタンパク質が含まれているのですが、これが臭いの原因になるんですね。


ですので、お肉中心の食生活を続けているとワキガや体臭がきつくなると言うわけです。

また、プロテインは、タンパク質含有量が多く、必要以上に摂取すれば、ワキガや体臭がきつくなってしまいます。


ケトン体ってなに?乳製品も注意?


中には、プロテインやお肉ばかり摂取していて、炭水化物を摂らない人もいますが、この場合、エネルギー源がタンパク質と脂肪になってしまいます。

すろと「ケトン体」と言う物質が分泌されて、ニオイがきつくなってしまいます。

筋肉をつけることを目的にプロテインを飲まれる方が多いと思いますが、ニオイが気になるようになったら、プロテインの摂り過ぎも考えられるので、量を減らすか、あるいは、プロテインを変えてみるのもいいかもしれません。

食事では、バランスの良い栄養を摂取することも大事なポイントです。

他にも、臭いをきつくする食べ物には、例えば、チーズや牛乳などの乳製品があります。

必要以上に、乳製品を摂取すれば腸の中で腐敗するので、悪臭を放つようになります。

その様な事からプロテインもそうですが、乳製品の摂り過ぎにも注意が必要です。

臭いが気になるようになったら、プロテインや乳製品を減らして様子見てください。


プロテインは腎臓や肝臓に負担をかける?


医師の画像

プロテインの過剰摂取を続けていると、腎臓や肝臓に負担がかかるってご存じだったでしょうか?

タンパク質は肝臓で分解されるのですが、プロテインの量が多くなれば、それだけ負担をかけることになります。

また、腎臓のろ過機能も落ちるので、注意しなければいけません。

特に腎臓や肝臓が弱っているような人は、プロテインは控えた方がいいでしょう。

プロテインのメリットとしては、良質なタンパク質を手軽に摂取できるところですが、自己判断で多く摂取すると、健康を害することになるので、気をつけてください。

体臭を気にしている人やワキガ対策を考えている人は、プロテインの摂取は控えた方がいいかもしれませんね。

あわせて読みたい記事
ワキガは食べ物で対策できる?
アポクリン汗腺がワキガの原因?