HOME・TOP > 手術 > ワキガの手術にはどんなものがある?

手術の種類には?

 
現代の日本では、食が欧米化していますので、
ワキガになる方が増えている傾向にあるようですね。

もちろん、脇の臭いと言うのは、個人差があるので、
症状が軽度の場合もあれば、重度のものまであります。

そして、その治療法も色々です。

例えば、ドラックストアなどで手軽に購入できる制汗薬などで
一時的に臭いを抑える方法もありますし、ボトックスを注入する方法や
ワキガの臭いの元になっているアポクリン腺を取り除くような方法なども・・・。

このように様々あるわけですが、今回は、ワキガ手術でも
よく行われる方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


どのような手術があるのか?

ワキガの手術と言っても色々ですが、一般的には、次のような方法があります。


・インフォレーゼ法!

インフォレーゼ法とは、ホルマリンに浸したガーゼを当て電流を流して、
アポクリン腺やエクリン腺などの汗腺口を閉じる方法です。


・電気分解法!

電気分解法では、汗腺口に針を刺して電流を流して、
毛根と一緒にアポクリン腺の分泌口を塞ぐ方法になります。


・マイクロレーザー法!

アポクリン汗腺口に直接レーザーを照射して破壊します。


・超音波法!

超音波法とは、その名と通り、超音波により、アポクリン腺を取り除く方法です。


・削除法!

削除法とは、脇の下を1センチ程度切開し、皮下組織を削除、吸入する方法です。


・剪除(せんじょ)法

剪除法とは、脇の皮膚を3〜4センチ程度切開して、そして、
皮膚をひっくり返して直接目で確認しながらアポクリン汗腺を除去する方法です。

このようにワキガの手術にも様々あるわけですが、当然のことではありますが、
それぞれメリットやデメリットがあります。

もし、手術を受けたい場合は、医師とよく相談することが大事です。

場合によっては、思わぬ副作用が出たりもするので、メリットだけはなく、
ちゃんとメリットについても知っておくことが重要です。