HOME・TOP > 手術 > ワキガ手術の皮弁法とは?

皮弁法について!

 
自分でワキガ対策を行っても、なかなか改善されない方がいるのも事実です。

そんな方は、ワキガ手術を考えるのも一つの選択肢になります。

ここでは、「皮弁法」という手術について解説していますので参考にしてみてください。


皮弁法とは?

ワキガ手術で一般的に行われているのに「皮弁法」というのが使用されています。

この皮弁法は、別名、剪除法とも呼ばれているのですが、ワキガには大変効果が手術法として知られています。

具体的には、まず、脇下を3センチほど切開します。

そして、アポクリン腺というワキガの原因となっている部分を除去して行くという方法です。

そして、この皮弁法のメリットとしては、以下の2つがあります。

・手術費用が安い

・治療効果が高い



この手術では健康保険が適用される事が多く、手術費用は、比較的、安くなるので安心です。

但し、場合によっては、この手術で保険が適用されないケースもあるので、その場合は、全額自己負担となりますので、あらかじめ病院やクリニック等で確認してください。

また、皮弁法では、1つ1つアポクリン腺を除去するので、再発のリスクが少ないでしょう。

ちなみに、この手術を受ける事で多汗症も治ります。

この皮弁法という手術では、このようなメリットがあります。

また、デメリットに関してですが、傷跡が目立ちやすいというのがあります。

他にも、手術後は手術した部分をガーゼで固定する必要があるので、日常生活で不自由になることもあるでしょう。


ワキガの悩みというのは、その本人でしかわかりませんが、何を試しても効果がないようなら、手術を受けてみるのもいいかもしれません。

その場合は、後で後悔しないためにも、必ず、医師とよく相談することが大事です。

手術するのは、どうしても抵抗があるという方は、以下の方法やグッズなども確認してみてください。