HOME・TOP > 手術 > 手術でワキガは治るのか?

手術で治るの?

 
ワキガもあまりにも酷いような場合には、手術をすると言う選択肢もあります。

でも、手術をすれば、100%絶対に治るのか?

これは、医師の腕によって効果は違うので、絶対に治ると言う訳ではないんです。

要するに、治る可能性があると言う思った方がいいでしょう。

では、具体的にはどんな手術を行うのか?

一般的には、剪除法と言う手術が行われます。

これは、脇の下を切開して、ワキガの原因でもある
アポクリン腺を除去すると言う方法になります。


ちなみに入院する必要はほとんどないのはいいのですが、
1週間以上、脇を圧迫固定しないといけません。

ですので、デメリットとしては、その期間は不自由な思いをする事になります。

そして、手術では、麻酔をしますので、特に痛みは感じませんが、
手術後にヒリヒリとしたような痛みがでることがあります。

それと、この手術を受けられない人もいるので覚えておいてください。

それは・・・

・妊娠中の人

・ペースメーカーを使用している人

・他の疾患を患っている人


これらに該当する場合には手術を受けることが出来ません。

それと、冒頭でも書きましたが、100%必ず治るという訳ではないので、
そのことをよく理解した上で受けてください。

つまり、手術する前には、医師とよく相談することが大事ってことですね。