HOME・TOP > 対策 > ワキガの治療方法について!

治療方法について!

 
しっかりワキガ対策をしているにもかかわらず、ニオイが改善されず、周りに迷惑をかけてしまうケースも少なくはないようです。

あまりにも酷いような場合には、病院で診てもらうのもいいでしょう。

そこで、こちらでは、ワキガの治療方法について解説したいと思います。

なかなかニオイが改善されないような方や本気でワキガ対策したい人は参考にしてみてください。

ワキガ手術


どんな治療がある?


わきが対策の場合、大まかに2つに分けることが出来ます。

「臭いを少しでも減らすための対処療法」

「手術で原因を取り除く治療」


この二種類です。

ここでは、根本治療となる手術について解説します。

一口にワキガの手術と言っても、いくつか種類があります。



クイック法について!



電気凝固法(高周波・超音波治療法)
毛根に高周波を流したり、超音波をあてて原因となるアポクリン腺や皮脂腺、エクリン腺を破壊・除去する方法。


電気分解法
毛根に高周波を流して、アポクリン腺や皮脂腺の分泌口を破壊。ただし、一時的な効果しかないのがデメリット。


ボトックス注入法(注射)
ボツリヌス菌と言う毒素を排出する菌を注入して、
一時的に汗腺の働きを抑える方法。


手術について!



剪除法
アポクリン腺を1つずつ、目視で確認しながら切除する。


切除法
ワキ毛の生えている部分を、皮膚・汗腺ごと切除する。


皮下組織削除法
皮膚に入れた切れ目から、汗腺などの組織を切り取る方法。


皮下組織吸引法
皮膚に穴を開けて管を通して、ワキ下の汗腺を吸引して取り出す方法。


皮下組織掻爬法
数センチの切り込みから器具を差し込み、汗腺などを掻き出す方法。


このようにワキガ対策の手術にも色々とあります。

中には短時間で簡単に終わるものもありますが、場合によっては、入院が必要になったりする手術まで様々です。

それら方法での持続効果や根治力・傷跡など方法によっても異なります。

もちろん、費用に関しても違います。

また、メリットもあれば、デメリットもあります。

ですので、一概にこの方法が良いとは言えません。

このような手術を受ける場合には、費用の事やその後の副作用などの問題も考え、担当の医師とよく相談することが大事です。

あわせて読みたい記事!
ワキガの手術について!
自分でワキガ対策するなら?


人気のワキガ専用デオドラント・ラポマインの効果は!
12万本突破!人気のワキガクリーム・ラポマイン!脇から出るニオイがきになったら迷わずラポマインで対策しましょう。